カラコンタンパク

カラコンとタンパクの関係

カラコンは使うとタンパクが付く

カラコンは使い捨てではない限り毎日の洗浄・消毒が欠かせません。眼に直接着けるものなので丁寧に汚れを落とし常に清潔な状態で使用しなければ眼に傷が付いたりカラコンに付いていた汚れが眼に付着したりして眼の病気になりかねないからです。しかしコンタクトレンズはホコリや菌など外から付くものだけに注意していればいいわけではありません。コンタクトレンズは常に眼に密着しているので眼から出る涙が付いている状態でもあります。主にこの涙からタンパクがカラコンに付着してしまうのです。これはカラコンを着けている以上防ぐことはできません。2週間以上使う場合は定期的にタンパクを除去する作業を行ってください。

 

 

これはカラーコンタクトレンズに限ったことではなくソフトコンタクトレンズ全てに当てはめることができます。カラコンを毎日のように着けている人は、使用しているコンタクトレンズを変えたわけでもないのに、そしてちゃんと洗浄・消毒しているのに眼に違和感が出てくるとか、眼がかすんでよく見えなくなったりとか、一度コンタクトレンズを外そうとしても前より手間取ってしまうという経験をしたことがあるでしょう。これらの原因はコンタクトレンズが眼に合わなくなったわけではなく眼から徐々に付着していったタンパクが原因であることがほとんどなのです。もしこのような違和感を感じ出したらかなりタンパクが蓄積していると言えますから、すぐにタンパク除去専用の薬品で洗うか、もしくは新しいカラコンに取り替えましょう。

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ